• 印刷する

1~6月の新規雇用、0.4%減の78万人

ベトナムの労働・傷病軍人・社会事業省はこのほど、2018年上半期(1~6月)の新規雇用が前年同期比0.4%減の78万2,000人だったと明らかにした。政府公式サイトが21日に伝えた。

新規雇用の内訳は、国内での採用が1.4%減の72万5,000人、海外派遣労働者が18.3%増の5万7,000人だった。同省のドアン・マウ・ディエップ次官は、「雇用拡大に向け需要を把握し、就職相談の機能を強化したい」とコメント。海外派遣労働者を増やすための政策も準備していると明らかにした。

統計総局(GSO)によると、第1四半期(1~3月)の失業率は2.2%。都市部で3.1%、農村部で1.7%だった。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

日本製紙、紙コップ生産3倍に ベトナム紙業界の最新動向(3)(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

ユニクロ2号店、ハノイに3月6日オープン(02/25)

2月の外国人航空旅客、新型肺炎で4割減(02/25)

バンブー航空、韓国便2路線の運航停止(02/25)

韓国からの入国、診断書の提示を義務化(02/25)

ベトナム航空、4月の中国便再開を視野(02/25)

韓国起点の新航路、越南北の主要都市に寄港(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン