• 印刷する

翠華、シンガポールに海外1号店開業

香港の茶餐庁(香港式大衆カフェ)チェーン大手、翠華控股はこのほど、シンガポールに「翠華餐廳」の海外1号店を開業した。香港の料理人を常駐させ、本場の味を提供する。香港経済日報が伝えた。

商業施設や飲食店、バーなどが軒を連ねるシンガポール有数の繁華街、クラーク・キーに出店した。座席数は140席余り。香港名物のミルクティー(3.5Sドル=約280円)やバターと練乳をかけたパン(4Sドル)などを提供する。

外食チェーンを展開するシンガポールのジャンボ・グループとともに設立した合弁会社がフランチャイズ方式で展開する。翠華の李遠康会長は「シンガポールの消費者の間でも評判を呼ぶ自信がある」と述べた。

翠華は3月末時点で、香港やマカオ、中国本土で70店を展開。今月初めには、日本式の丼物を提供する「廿一堂」と香港式の軽食を扱う「軽。快翠」の新ブランドを立ち上げた。


関連国・地域: 香港シンガポール
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

10月のコンテナ取扱量、9カ月連続マイナス(14:58)

高速鉄道を広州市街に延伸へ 市が計画案、利便性向上(11/16)

豪カンタスの超長距離直行便、香港の脅威に(11/16)

香港の「中国化」に懸念、米諮問機関(11/16)

マカオ政府が施政報告、現金支給を増額(11/16)

微信支付HKの決済急増、今年10倍に(11/16)

HKT、ウエスタンユニオンと送金で提携(11/16)

反発、好決算の騰訊が押し上げ=香港株式(11/16)

上海企業、香港で仮想通貨クオンツファンド(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン