• 印刷する

日米のヨウ化水素酸にAD仮裁定、商務省

中国商務省は16日、日本、米国から輸入されるヨウ化水素酸に対し、暫定の反ダンピング(不当廉売、AD)関税措置を課す仮決定を発表した。両国の製品にダンピング行為が存在し、国内産業が実質的な損害を受けたと仮判断した。

関税番号の28111990に分類される品目が対象。各社のダンピングマージンに応じた保証金を23日から税関で徴収する。保証金比率は日本企業が41.1%、米国企業が118.8%となる。

ヨウ化水素酸はヨウ化水素の水溶液で、分析用試薬や医薬原料、還元剤などとして使われる。同製品の中国大手である泰安漢威集団が2017年9月、不当に安く中国へ輸出されたことで国内産業が損害を受けたとして、業界を代表してAD調査の実施を商務省に申請していた。


関連国・地域: 中国-全国日本米国
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

植毛産業、20年に200億元以上の市場規模(05/14)

長城汽車、タイ参入モデル「ハーバル」公開(05/14)

住宅購入者が平均33歳台に 「90後」の存在感急拡大(05/14)

南西部の新空港が完工へ、年末の開業目指す(05/14)

就業安定に企業の負担軽減策延長、常務会議(05/14)

EVの電池交換に国家基準、11月施行へ(05/14)

ワクチン、市民以外の滞在者にも=衛生局長(05/14)

自動車データに管理規定、海外持ち出しを制限(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン