中国から履物生産移管の動き アディダス、越の比率5割余りに

スポーツ用品メーカーをはじめとする世界大手企業の間で、履物の生産を中国からベトナムに移管する動きが強まっている。ドイツに本社を置くアディダスは、2019年末までにベトナムでの生産比率を5割余りに拡大させる計画という。各社が生産を移管する背景には、米中貿易摩擦に対す…

関連国・地域: 中国ベトナム米国欧州
関連業種: 繊維その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

マツダ、SUV「CX―8」を投入(11/13)

現代自、10月の販売台数7737台で首位(11/13)

トヨタ、ランドクルーザー新モデルを発売(11/13)

HCM市カットライ港、スピード通関試行へ(11/13)

ホアビン建設、南部で不動産開発2件を受注(11/13)

サンシャイン、HCM市に高層ビルリゾート(11/13)

インドネシア社、リコジ16の保有率18%に(11/13)

ロッテマート、ハロン市に21年出店へ(11/13)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(9月) 5カ国で伸び鈍化、フィリピンは3年4カ月ぶり低水準(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン