SCGのベトナム石化事業、整地作業開始

タイの素材最大手サイアム・セメント(SCG)は、ベトナム南部バリアブンタウ省で進めている石油化学事業「ロンソン石化コンプレックス」の整地作業を開始したと発表した。12日付プーチャッカーンが報じた。 整地作業は6カ月程度を予定しており、着工は2019年第1四半期(1~…

関連国・地域: タイベトナム
関連業種: 化学・石化金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:サッカーのW杯が始まっ…(06/20)

東芝、家電市場でトップ3へ 新商品投入を強化、生産拡張も(06/20)

タイ国境鉄道、7月開通へ調整急ぐ(06/20)

東京海上、東南ア損保2社を428億円で買収(06/20)

政府インフラファンド、第2弾を計画(06/20)

信用保証公社、企業の技術格付システム開発(06/20)

米利上げへの追従は不要、財務相が見解(06/20)

19日為替:$1=32.815 バーツ(↓)(06/20)

APホンダ、カブハウス2号店を東北に出店(06/20)

ユーユーワールド、現法設立(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン