大気汚染査察に1.8万人動員 京津冀地域など、来年4月まで

中国生態環境省は11日、「青空を守る戦い」と名付けた大気汚染対策の一環として、京津冀地域(北京市、天津市、河北省)などを対象とした重点査察を開始した。来年4月までの10カ月余りに延べ1万8,000人の査察官を動員する大規模なものとなる。環境規制に対する企業の対応状況にも…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(13:02)

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(12:26)

ビール輸入額、3年で倍増 日本トップ、中国・米国産が追う(03/22)

テイクオフ:「口は命の入り口、心の…(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

増値税の仕入れ控除を拡大 旅客運輸も対象、減税策続々登場(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

中国・塩城工場での生産中断、起亜自(03/22)

シャオミ、決済アプリのミペイ導入(03/22)

米中閣僚級協議、28~29日に北京で開催(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン