リチウムイオン電池、国内生産を開始

インドの科学産業研究委員会(CSIR)傘下の中央電気化学研究所(CECRI)は9日、RAASIソーラー・パワーとリチウムイオン電池開発の技術移転で覚書を交わした。インド初の国産リチウム電池事業が始動することになる。

科学技術省によると、CECRIは化学技術研究所(IICT)などCSIR傘下の複数の研究所と共同でリチウムイオン電池を開発した。RAASIは南部タミルナド州のクリシュナギリに工場を設置し、移転された技術を活用してリチウムイオン電池の生産に取り組む。

RAAISは、リチウムイオン電池の生産コストを1キロワット(kW)当たり1万5,000ルピー(約2万4,400円)まで引き下げる目標を掲げている。また、屋上設置型の太陽光発電設備向けとなるリチウムイオンバッテリーの寿命を25年に長期化することも目指す。

覚書の締結に立ち会ったバルダン科学技術相は、リチウムイオン電池の国内生産は、政府が進める太陽光発電や電気自動車(EV)の普及政策にとって大きな追い風になるとコメントした。

インドは現在、リチウムイオン電池を日本や中国、韓国などからの輸入に頼っており、昨年の輸入額は約1億5,000万米ドル(約164億6,000万円)に達していた。


関連国・地域: インド
関連業種: 電機製造一般電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

産業回廊整備、着実に前進 開発公社は日系の早期投資期待(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

インドも報復関税実施へ、8月から(06/22)

三菱ケミカル、地場社の塩ビ事業買収で合意(06/22)

独BASF、印に農業向け新製品20種類投入(06/22)

ボッシュ、向こう3年で170億ルピー投資(06/22)

ガス公社とウーバー、CNG利用促進で覚書(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

鉄鋼タタ、東部新工場から鉄クロム出荷開始(06/22)

建設サンウエー、インド市場に再参入意向(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン