• 印刷する

エアバスと北欧海運、ドローン輸送試験で提携

欧州エアバスと海運サービス大手のノルウエー系ウィルヘルムセン・シップス・サービスは5日、ドローン(小型無人機)を使った海運業界向け輸送サービスの実証試験をシンガポールで実施すると発表した。7~9月期に開始する。

エアバスとシンガポール民間航空庁(CAAS)は2016年2月、同社の小荷物輸送用ドローン「スカイウエーズ」を利用した都市部での小包配送サービス試験事業「スカイウエーズ実験プロジェクト」に取り組むことで覚書を締結。今回の実証試験は同事業の一環で、シンガポール海事港湾庁(MPA)やCAASが支援する。

具体的には、エアバスのドローンを利用し、湾岸部にある埠頭(ふとう)「マリーナ・サウス・ピア」と洋上の船舶の間で、ドローンを使った輸送サービスの実証試験を行う。船舶部品や書類、水質検査キットなどを運搬する。同埠頭には管理・配達センターを設置し、まずは陸上から最長3キロメートルの地点まで輸送する実証試験を行う。第1弾の試験期間は2週間の予定。将来的にはより多くの船舶に運搬できるよう、マリーナ・サウス地区に第2の配達センターを設置する計画だ。


関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: 運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:常夏のシンガポールでも…(12/10)

有田みかん販促でPRイベント 有望市場向けの輸出拡大に期待(12/10)

領海巡りマレーシアと対立、港界線を拡大(12/10)

明治屋、来年6月に中心部で2号店開業(12/10)

東大系投資会社、アストロスケールに出資(12/10)

ジャパンフーズ、海外進出で地場同業と合弁(12/10)

陸上庁、駅で自律走行警備ロボットを試験導入(12/10)

ケッペル、無錫でスマートシティー開発(12/10)

国有地14区画放出、住宅建設可能戸数は減少(12/10)

公営住宅の新規供給、19年は1万5千戸(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン