• 印刷する

米IBM、インドで女子学生にSTEM教育

米IBMは、インドで女子学生へのSTEM教育(科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学の頭文字を取ったもの)普及を目指す。中等教育の8学年以上を対象に6月から1年間のカリキュラムを提供。1年目は4,000人の教育を計画する。エコノミック・タイムズ(電子版)が4日伝えた。

プログラミングなどIT技術のほか、コミュニケーション能力やリーダーシップ性の育成なども同時に進める予定。IBM女性従業員との交流機会も設ける。

1年目はデリー首都圏と南部のカルナタカ、テランガナ両州、西部マハラシュトラ州のムンバイとプネで始める。2年目は対象学生を2倍に増やす考えだ。授業はIBMの従業員や学校の教員が行う。


関連国・地域: インド米国
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国産アボカド、来月から試験輸出を開始(17:00)

マ産パーム油の輸入停止呼び掛け、印業界(21:57)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:21日は、オフィスの入…(10/22)

産業大動脈、整備進行 大型開発で日系企業の参加に期待(10/22)

アダニの空港事業、1800億ルピー投じる計画(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

インドのM&M、ピックアップで市場参入(10/22)

エアインディア民営化、来月に入札開始(10/22)

駐車場にEV充電スペース、南部州が検討(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン