物価上昇率、4%未満に抑制可能

ベトナムのブオン・ディン・フエ副首相率いる価格運営指導委員会は、29日に開いた会合で、2018年の消費者物価指数(CPI)の上昇率を政府が目標とする4%未満に抑えることは可能との見方を示した。30日付サイゴンタイムズが伝えた。

財務省価格管理局のグエン・アイン・トゥアン局長は、4~5月にかけてCPIの上昇が加速した理由について、「単に市場に先導されただけで、政府の管理が原因ではない」と説明。年末にかけて天候不順や保健医療・教育サービス、石油製品の価格引き上げ、燃料に対する環境保護税の課税などにより物価が押し上げられる可能性があるが、医薬品や通信料の引き下げなどが相殺し、政府の適切な管理により4%未満に抑制できるとの自信を示している。

ベトナム統計総局(GSO)によると、5月のCPI上昇率は、前年同月比3.86%で、前月の2.75%から加速。1~5月の上昇率は前年同期比3.01%で、項目別では「医療品・保健医療」が20.87%と最大の上昇率を記録した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

タクシー2社が生き残り策 業績悪化続くもデジタル投資拡大(06/19)

現代自、16人乗りミニバン「ソラティ」発売(06/19)

肥料メーカー、VAT優遇で業績に追い風(06/19)

東レ、駐在員事務所をハノイに設立(06/19)

セメント協会、新規案件の実施延期を要請(06/19)

韓国企業、未来アセット向けシステム構築(06/19)

アクロとFPT合弁、年商3億円目標(06/19)

ベトテル、新設の会長職に現社長(06/19)

宝成の越工場4カ所、生産ラインは全面回復(06/19)

オクスレー、MKタオディエンの株式49%取得(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン