• 印刷する

物価高の主因、税制改革でなく経済成長

フィリピンの財務省は29日、4月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比4.5%上昇したことに対し、今年初めの税制改革法(TRAIN)施行が与えた影響は上昇率の0.4%分にとどまるとの見方を示した。ドミンゲス財務相は、TRAINをやり玉に挙げるのは不当で、物価高の主因は高い経済成長率にあると指摘した。

ドミンゲス氏は、4月の物価上昇率のうち、3分の2が経済成長に起因するとの見解を示した。残りは、原油をはじめとするコモディティー価格の上昇と内需拡大に起因すると説明した。

ドミンゲス氏は「TRAINの影響は、1ペソ(約2.1円)ずつの上昇に対して0.09ペソずつでしかない」と語った。国会議員に対し、包括的税制改革(CTRP)第2弾の制定を急ぐよう求めた。

TRAINで増税となったのはたばこや加糖飲料などで、主要な日用品ではないと主張。増税は国民の健康増進に寄与するとの見方も示した。

TRAINには、個人所得税の減税も盛り込まれた。ドミンゲス氏は、減税分は毎月320億ペソとなり、消費拡大が期待できるとも指摘した。

税制改革は、インフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」の資金確保などに向けても重要な政策。第1四半期(1~3月)のインフラ支出の多くは同政策下の事業に振り向けられ、各プロジェクトで働く労働者には総額で月額約150億ペソが支払われているという。

政府は、物価上昇率のターゲットを2.0~4.0%としている。目標を上回る物価高により、労働組合などは最低賃金の引き上げで生活コストの上昇分を相殺するよう求めている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンのトランスジ…(12/13)

【モバイル決済元年】グラブ参入で3強時代へ 1億人市場で覇権争い(12/13)

小売りへの外資参入障壁緩和、下院委が承認(12/13)

今年成長率は6.4%、ADBが予測据え置き(12/13)

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(12/13)

保険料収入、1~9月は18%増加(12/13)

商銀PNB、初のデジタル支店開業(12/13)

12日為替:$1=52.715ペソ(↑)(12/13)

アボイティス、水上太陽光発電施設を実験へ(12/13)

連邦制に向けた改憲案、下院を通過(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン