【ラオス経済通信】カセムラート国際病院で定礎式 第125回

5月25日、カセムラート・インターナショナル・ビエンチャン病院の定礎式が首都郊外のドーンノックム村で行われた。シンラボン都知事、サレム・ハーンパニット会長、ワリー副社長らが出席。同病院は総面積1.9ヘクタールで、第1期として5,000万米ドル(約54億円)の投資で2~7階…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

送金アプリu―money、JDBと提携(07/03)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(7月2日)(07/03)

スポーツ競技やカジノなど、再開を承認(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

ラオス・タイ第5友好橋、7月に事業者入札(07/01)

HAGLの高地バナナ、日本と韓国で好評(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン