イチゴ産地、近代化へ夢膨らむ 日系が構築する低温物流網(下)

「低温物流を使えば、消費者にイチゴ本来のおいしさが届けられる」。ミャンマー第2の都市マンダレー近郊にある国内最大のイチゴ産地、ピンウールウィン(旧メイミョー)ではこの数年で低温物流の評判が一気に広まった。双日グループの現地合弁会社、プレミアム双日ロジスティクス…

関連国・地域: タイミャンマー日本
関連業種: 農林・水産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

帰国者の感染確認続く、累計233人=3日朝(15:13)

ジャパン・エキスポ、今年はバーチャル開催(20:11)

逆境下で海外流通大手が奮闘 タイ大手は最大都市に大型店(06/03)

ビザ発行停止など、今月15日まで延長(06/03)

円借款50億円を供与、中小企業を支援(06/03)

首都ネピドーでも解除、店内飲食禁止の措置(06/03)

新型コロナ対策、19年度は追加予算なし(06/03)

新たな感染確認なし、累計228人=2日朝(06/03)

一部の縫製工場、マスク生産への転換を検討(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン