日系コンサル、ケソン市省エネ化で事業調査

運輸・交通計画などの構築を手掛けるオリエンタルコンサルタンツ(東京都渋谷区)は25日、フィリピンの首都圏ケソン市で省エネ設備導入などの環境事業実施に向けた調査を行うと発表した。事業は日本の環境省の補助金を受け、大阪市や民間企業と連携して実施する。

オリエンタルコンサルタンツが実施するのは、工場などへの省エネ設備導入支援事業と、廃棄物処理場などへの太陽光発電導入および車両の低炭素化支援事業の2事業。オリエンタルコンサルタンツは、大阪市とケソン市の連携に基づき、実際の事業実施に向けた調査を行う。調査期間は今月25日~2019年2月を予定している。

今回の調査で事業の実施が決定した場合、二酸化炭素(CO2)の排出を削減できるボイラーや、廃棄物処理場などでは太陽光パネル、排ガスの少ないごみ収集用トラックなどを日本から導入する計画だ。

事業は、環境省の18年「低炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務」に採択された。オリエンタルコンサルタンツの2件の提案のほか、14件が採択を受けた。環境省によれば、1事業当たりの契約金額は約1,500万円。

発展途上国に環境技術を提供する代わりに、CO2の排出削減量を日本側の削減として算入する「二国間クレジット制度(JCM)」を活用する。日本とフィリピンは17年1月にJCM構築のための二国間文書に署名しており、すでに4件の事業を実施してきた。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 電力・ガス・水道運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ペプシ工場、井戸使えず一部操業停止(12:21)

テイクオフ:マカティ市の人通りもま…(06/21)

地場即席麺が3年連続首位 ブランド力調査、食品は地場強く(06/21)

経済協力インフラ合同委、東京で第5回開催(06/21)

1~5月国際収支、赤字幅が20億ドル突破(06/21)

中銀が追加利上げ、翌日物借入金利3.5%に(06/21)

20日為替:$1=53.480ペソ(↓)(06/21)

富士電機、現地に発電所向けサービス拠点(06/21)

自動車のナンバープレート、7月に公布再開(06/21)

電動三輪普及事業の期限、来年5月に延長(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン