• 印刷する

低所得層の所得急減、最低賃金引き上げで

韓国統計庁によると、2018年1~3月期の低所得世帯の所得は、前年同期比12.2%減の84万1,203ウォン(約8万5,920円)だった。韓国メディアは、今年1月に最低賃金が引き上げられ、雇用が減ったことが要因としている。

2人以上の世帯のうち、所得下位10%に分類される世帯の月平均名目所得が大きく減少した。最低賃金引き上げ直前の昨年10~12月期と比較すると21%の減少となり、減少幅は03年以降で最大となった。

月平均所得のうち所得下位10%の世帯の勤労所得は15万9,034ウォンで、前年同期比マイナス35.6%と急減。最低賃金引き上げにより零細自営業者や中小企業が人件費節減のため、低所得層が主に従事する臨時・日雇い職の雇用を減らしたことが影響した。

最低賃金は1月に16.4%引き上げられ、時給7,530ウォンになった。5年間の平均(7.4%)を大幅に上回る上昇率だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

OCI、太陽光発電インバーター事業に参入(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

経済団体と政府が懇談、最低賃金など意見交換(01/18)

財閥の「雇用世襲」廃止の動き、批判沸騰で(01/18)

産業銀行、構造調整担当の子会社設立へ(01/18)

データ・AI分野を育成、活性化計画発表(01/18)

現代自が米国で17万台リコールか=ロイター(01/18)

KT、「5Gバス」でキラーコンテンツ公開(01/18)

現代自「アイオニック」、19年モデル発売(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン