家政婦虐待、比とクウェートの外交問題に

【マニラ共同】中東クウェートに出稼ぎに行っていたフィリピン人家政婦に対する虐待が相次ぎ発覚し、両国の外交問題に発展している。フィリピンは人口1億人の1割が海外で働く「出稼ぎ大国」だが、クウェートへの労働者の新規派遣を一時停止。クウェートも大使を追放するなど応酬…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

LCCのセブ航空、マカオ直行便を就航(12:58)

テイクオフ:フィリピン人のインター…(12/11)

財閥8社1~9月は18%増収 多角経営強み発揮、車除き好決算(12/11)

『財閥決算』関連資料(12/11)

BPO拡大に影、PEZA特区認定に遅れ(12/11)

物流業の雇用創出、22年までに750万人目標(12/11)

セブの新交通システム、20年に運転開始目標(12/11)

ルソン縦断高速道の延伸計画を承認へ(12/11)

10日為替:$1=52.800ペソ(↓)(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン