家政婦虐待、比とクウェートの外交問題に

【マニラ共同】中東クウェートに出稼ぎに行っていたフィリピン人家政婦に対する虐待が相次ぎ発覚し、両国の外交問題に発展している。フィリピンは人口1億人の1割が海外で働く「出稼ぎ大国」だが、クウェートへの労働者の新規派遣を一時停止。クウェートも大使を追放するなど応酬…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【グラフでみるASEAN】新車販売(2月) 前年同月比3%減、タイ・インドネシアの低迷響く(10:01)

テイクオフ:「まだ若いから何とでも…(04/08)

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

外出制限、月末まで延長 感染拡大防止へ効果見極め(04/08)

日系、外出制限延長で操業再開見送りも(04/08)

新型コロナ感染者3764人に、死者は177人(04/08)

低所得層への現金給付、4割の世帯に届かず(04/08)

経済区庁の投資認可額、1~3月は28%減(04/08)

クラーク空港、新ターミナルが96%完成(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン