• 印刷する

縫製協会とシンガ企業、太陽光発電で提携

カンボジア縫製協会(GMAC)は、シンガポールのクリーンテック・ソーラーと太陽光発電事業を始める。首都プノンペン郊外にあるGMAC本部の屋上に太陽光パネル124枚を設置する。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

両者は24日に覚書を交わした。GMACのバン・ソーイエン(文舒揚)会長は、今回のパネル設置で年75トン以上の二酸化炭素(CO2)の排出量削減が可能になると指摘している。カンボジアは強い日照時間が1日当たり6時間以上あるという。

世界のアパレル産業では、再生可能エネルギーの利用が重要視されている。GMACは、本部への太陽光パネル設置で成果が出れば、全ての会員企業にも設置を奨励していく方針を示している。

クリーンテック・エナジーは、過去にもカンボジアで太陽光パネル設置の実績がある。


関連国・地域: カンボジアシンガポール
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

全日空のプノンペン―成田便、8月も運休(07/16)

サウジからの帰国者、さらに9人コロナ陽性(07/16)

ロン島の道路建設、財閥ロイヤルなどと提携(07/16)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「クモ糸の技術応用、夢の新素材」「ガリガリ君、ミャンマーに登場」(07/16)

20年経済成長率はマイナス1.9%、中銀予測(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン