• 印刷する

エアアジア1Q、四半期ベースで過去最高益

マレーシアの格安航空会社(LCC)大手、エアアジア・グループが24日発表した2018年1~3月期(第1四半期)決算は、売上高が前年同期比14.8%増の25億5,518万リンギ(約702億円)、純利益が86.6%増の10億9,034万リンギとなり、四半期ベースで過去最高益を記録した。

第1四半期の乗客数は、同期比16%増の1,065万4,194人。搭乗率は前年同期から2ポイント減の87%だった。

25日付スターによると、トニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は、「通年での好業績達成に向けてよいスタートが切れた」とコメントした一方で、「不採算路線の撤退と高利益分野への注力を進め、第2四半期以降もコスト削減に努める。また、航空機の稼働率向上も推進する」と述べている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

自社製造のハラル食品試験販売 キュアテックス、日本料理も提供(11/20)

テイクオフ:マレーシア華人の友人に…(11/19)

GDP成長率、3Qは4.4% 4四半期連続で低下続く(11/19)

対外純負債、7~9月時点で1122億リンギ(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

RM=27.0円、$=4.19RM(16日)(11/19)

宝印刷、地場の翻訳通訳会社を買収(11/19)

10月の新車販売、前年同月比0.5%増(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン