• 印刷する

テイクオフ:断食月(ラマダン)が始…

断食月(ラマダン)が始まって2週間あまりが過ぎた。ようやく折り返しというか、まだまだ後半戦があるというべきか。

例年ならビジネスイベントの開催も見合わされ、夕方の通勤渋滞も緩和され、非イスラム教徒であるわれわれも心静かに過ごす1カ月となるはず。しかし、今年は史上初の政権交代の直後とあって、何かと気ぜわしい。6月からのGST(消費税)廃止も決まり、ゆるんだ財布をめがけてラマダン商戦にも熱が入る。

大変なのは、日々ニュースの現場を追いかける記者たちだ。先日、よく晴れた昼間に前首相邸を訪れると、地元の記者やカメラマンが路上待機していた。イスラム教徒であれば、この炎天下に飲まず食わずだろう。毎年のことかもしれないが、アスファルトの照り返しがきつい中での取材、熱中症で倒れる人が出ないよう祈るしかない。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:以前から気になっていた…(12/13)

ペトロナス、油田閉鎖に商機 慎重と楽観にじむ3年展望(12/13)

RM=27.1円、$=4.18RM(12日)(12/13)

パナソニック、BtoB向け先端製品を発表(12/13)

韓国SKマジック、浄水器レンタルに参入(12/13)

外資製造業者、5~9月に5社が撤退(12/13)

エアアジア、米ファンドに機材売却(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

MAHBがエアアジア提訴、PSC徴収巡り(12/13)

10月のゴム生産、前月比6.5%増(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン