• 印刷する

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標

サムスン電子は2021年をめどに、回路線幅を3ナノ(ナノは10億分の1)メートルまで縮めた次世代半導体の受託生産を本格的に開始する。実現すれば業界初となり、半導体受託生産(ファウンドリー)最大手の台湾積体電路製造(TSMC)に先行する見通しだ。

22日(現地時間)、米カリフォルニア州で開催された「サムスンファウンドリーフォーラム2018」で発表した。回路の微細化では、最先端の製造技術「EUV(極紫外線)露光」を活用する。

現在は、TSMCが7ナノ技術を使った製品を量産中。サムスン電子は年内に7ナノ製品のテスト生産を開始した後、19年に5ナノ製品と4ナノ製品の商用化を目指す。サムスン電子は21年にも3ナノ製品の量産を開始し、TSMCとのシェア格差を一気に縮めたい考えだ。

サムスンファウンドリーフォーラム2018は7月にソウル、9月に東京でそれぞれ開催される。


関連国・地域: 台湾韓国米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

政策金利据え置き、7回連続=韓国銀行(10/19)

GS会長「東南ア市場拡大へタイを拠点」(10/19)

イタリアと経済協力強化へ、産業通商省(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

訪朝した経済人が勉強会、サムスン副会長ら(10/19)

韓国の家電輸出が2割減、米保護主義が影響(10/19)

サムスン、500のスタートアップ支援始動(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン