• 印刷する

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標

サムスン電子は2021年をめどに、回路線幅を3ナノ(ナノは10億分の1)メートルまで縮めた次世代半導体の受託生産を本格的に開始する。実現すれば業界初となり、半導体受託生産(ファウンドリー)最大手の台湾積体電路製造(TSMC)に先行する見通しだ。

22日(現地時間)、米カリフォルニア州で開催された「サムスンファウンドリーフォーラム2018」で発表した。回路の微細化では、最先端の製造技術「EUV(極紫外線)露光」を活用する。

現在は、TSMCが7ナノ技術を使った製品を量産中。サムスン電子は年内に7ナノ製品のテスト生産を開始した後、19年に5ナノ製品と4ナノ製品の商用化を目指す。サムスン電子は21年にも3ナノ製品の量産を開始し、TSMCとのシェア格差を一気に縮めたい考えだ。

サムスンファウンドリーフォーラム2018は7月にソウル、9月に東京でそれぞれ開催される。


関連国・地域: 台湾韓国米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

LG生活健康、米同業ニューエイボンを買収(16:17)

台湾でポイント決済サービス、ハナ金融(16:13)

LGが韓国でスマホ生産停止 ベトナムに移管、組織改編を加速(04/26)

1~3月期GDP、前期比でマイナス成長に(04/26)

釜山港湾公社、越に東南アジア代表部を開設(04/26)

国民の安全と民生経済支援、補正予算案発表(04/26)

SKハイニックス、1Q営業益69%減少(04/26)

サムスンSDS、1Q営業益は9%増(04/26)

現代自が好転、1Q営業益は21%増(04/26)

起亜自、中国生産車をアフリカ・東南ア輸出(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン