世界の大規模ソーラーパーク、5件が印事業

米国のシンクタンク、エネルギー経済・財務分析研究所(IEEFA)によると、世界で設置が進められている大規模な太陽光発電集積地(ソーラーパーク)10カ所のうち、5件がインドの事業であることが分かった。これら事業の総発電容量は、747万5,000キロワット(kW)。ビジネス…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冬場は10時間以上にな…(01/17)

インド郵便局がECに参入 インフラ活用、新事業で収入拡大(01/17)

アマゾン、総選挙と規制強化で投資見合わせ(01/17)

石光商事、紅茶製販の合弁設立(01/17)

印撤退の仏ダノン、地場ヨーグルト社に出資(01/17)

酒造USL、ワイン子会社を売却(01/17)

パナとカルテル、ゴドレジに罰金1千万ルピー(01/17)

キネティック、伊SWMの二輪車を値引販売(01/17)

自動車の人気カラーは「白」、43%が支持(01/17)

電子許可証、交通料金の徴収システムと統合(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン