• 印刷する

滴滴の乗客殺人受け、当局が配車管理強化へ

北京小桔科技(滴滴)が運営する中国最大の配車アプリ「滴滴出行」でライドシェア(相乗り)サービスを利用した女性が運転手に殺害された事件を受け、交通運輸省運輸サービス局の蔡団結副局長は15日、配車サービス業に対する管理を強化する方針を示した。運転手の登録・管理に対する指導を特に強める。

16日付北京青年報などが伝えた。発端となった事件は今月6日に河南省鄭州市で発生した。同日早朝に相乗りサービスを利用して乗車した女性が殺害され、犯人の運転手は12日までに遺体で発見された。

これを受けて15日に蔡副局長がメディアの取材に応じ、「配車サービス業は無法地帯ではない。乗客の安全は、業者が守らなければならない最低限のルールだ」と語り、全国各地で配車サービス業に対する指導を強化する方針を示した。運転手の登録前の経歴や犯罪歴の調査を徹底し、同業界の違法行為に対する取り締まりにもより一層、力を入れる。

中国の配車サービスを巡っては今回の事件発生前から、アプリに登録された車両や運転手の情報と、実際にサービスを提供する車両(ナンバーや車種)や運転手が異なるケースが数多く見られ、問題視されていた。この問題に関しては衛星測位システムや顔認証といった技術を駆使して、車両および運転手の登録情報の一致を保証できるようにしていくという。

滴滴は今回の事件を受けて12日に相乗りサービスの提供を停止し、1週間かけて業務を見直すと発表した。16日には業務改善の具体策として、午後10時~午前6時の時間帯の相乗りサービスの受け付けを暫定的に停止すると表明。日々の車両運行では、運転手が顔認証を完了するまでサービスを開始できないよう、システムを改める方針を示した。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 運輸IT・通信サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中タイ高速鉄道、ラオス延伸へ19年入札も(01/22)

広州粤泰が物件販売強化 6億ドル収入目標、新規開発も(01/22)

テイクオフ:国家統計局が21日に発…(01/22)

EV電池、日中韓の三つ巴に 韓国勢成長も伸び率は日中に後れ(01/22)

18年の経済成長率6.6% 0.2P減速、投資・消費低迷(01/22)

中国との国境経済区、まずチンシュエホーで(01/22)

18年の鉱工業生産6.2%増、前年比0.4P縮小(01/22)

重大リスク対策強化を指示、中国主席(01/22)

工業設備稼働率、18年は76.5%に下落(01/22)

プロトン、中国合弁解消で元提携先が提訴(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン