小売り5社の1Q決算は明暗 上位3社は増収増益、中堅は減益

フィリピンの小売り大手5社の2018年第1四半期(1~3月)決算が出そろった。店舗網の拡大を進める上位3社は増収増益、中堅2社は減益と明暗が分かれた。物価上昇による消費者の購買意欲の低下、税制改革法(TRAIN)施行前の駆け込み需要の反動といった逆風が吹く中、各社…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:これぞイチオシのフィリ…(11/13)

今年の最賃上昇は10~52ペソ 労使とも不満、政府に補助金要求(11/13)

VAT還付などの確認を簡素化、歳入庁(11/13)

ラザダ販促イベント、1日で半月分売り上げ(11/13)

12日為替:$1=53.295ペソ(↓)(11/13)

新航空管制システム導入で一部欠航も(11/13)

国内航空2社、燃油コスト増で減益赤字(11/13)

コンバージICT、台湾にネット中継拠点(11/13)

国産ゴムからタイヤ生産、来年1Qに開始(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン