フィリピン航空、1Qは赤字が16%拡大

フィリピン航空(PAL)の持ち株会社PALホールディングスの2018年第1四半期(1~3月)決算は、純損益が11億700万ペソ(約23億円)の赤字だった。赤字幅は前年同期から16%拡大。原油高による航空燃料の上昇が響いた。 売上高は13%増の367億9,000万ペソで、うち旅客収入が…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計天然資源運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

預金準備率を18%に引き下げ、6月1日から(13:07)

米ディボールド、新型ATMを来月投入(17:26)

JGサミット、今年の資本支出を8割増へ(15:29)

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン