• 印刷する

鉄鋼MCSスチール、MCS那須の株を追取得

タイの鉄骨メーカー、MCSスチールは14日、日本子会社のMCS那須(千葉県八千代市)の株式32%を追加取得したと発表した。日本の顧客対応や、タイや中国から日本への同社製品の輸出促進などを目的とした出資。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、出資額は1,700万円。支払いは、第2四半期(4~6月)に完了する予定。株の追加取得により、MCSスチールの出資比率は全体の98%に高まる。

また、MCS那須はMCSスチール(ジャパン)に企業名を変更する。

MCSスチールは、本会計年度の中間配当は行わず、19年5月に18年度の配当金を支払う。少なくとも純利益の50%を配当金に充てるという取り決めに変更はないと発表した。

MCSスチールは、15年に3,300万円を出資し、当時の那須ストラクチャー工業を子会社化、その後名称をMCS那須に変更した。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクからカンボジア…(01/22)

中タイ高速鉄道、ラオス延伸へ19年入札も(01/22)

18年の輸出額は6.7%増 下期減速で目標未達、摩擦影響も(01/22)

18年の高層住宅戸数は4割増、土地局(01/22)

不動産LPN、社債発行で16物件立ち上げへ(01/22)

ドンムアン空港で今月末工事、航空便遅延も(01/22)

書店ナイイン、小包配送サービスに参入へ(01/22)

外食最大手フィールインター、タイに出店(01/22)

鉄鋼3社、プレハブ住宅の共同出資会社設立(01/22)

米国向け合板輸出急増、産地偽装の疑い(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン