船舶の硫黄排出削減、豪業界ではLNG推進

国際海事機関(IMO)は、船舶の硫黄排出量を向こう2年間で3%削減し、温室効果ガス(GHG)の排出量についても2050年までに2008年の水準から半減する方針を打ち出した。IMO加盟国であるオーストラリアも新基準に準拠する必要がある。業界では液化天然ガス(LNG)への…

関連国・地域: オーストラリア日本アジア
関連業種: 医療・医薬品運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家族づきあいしているオ…(03/26)

NSWが280億$インフラ整備 与党、選挙公約実現へ(03/26)

豪財界、新国家ブランドを構築へ(03/26)

労働党の会計費控除制限、業界が見直し要請(03/26)

連邦裁が法人専門刑事局設立、王立委に対応(03/26)

WA接近のサイクロン、豪経済に10億$影響(03/26)

豪資源大手2社、NTでフラッキング再開へ(03/26)

豪CO2削減は不十分、EUとのFTAで圧力(03/26)

対EUのFTA、産地名保護で豪農家にも恩恵(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン