歳入庁と関税局の徴税、4月も2桁増

フィリピンの財務省は、傘下の内国歳入庁(BIR)と関税局(BOC)の徴税額が、2018年4月は前年同月からそれぞれ13%、43%伸びたと明らかにした。今年1月に施行された税制改革法(TRAIN)による物品税増税とペソ安の効果で、共に2桁増となった。10日付ビジネスワール…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

14カ月給与法案、労使双方の意見を聴取(18:37)

LTE利用環境、マニラはアジア12都市最低(16:15)

港湾と物流大手が提携、スービックで4PL(19:58)

テイクオフ:家電量販店で、商品のカ…(08/16)

スーパー大手、上期決算は明暗 税制改革で既存店売り上げ堅調(08/16)

国民IDのインフラ整備、アヤラ連合が提案(08/16)

6月の海外送金受取、4.5%減の23.6億ドル(08/16)

GTキャピタル、自動車販売不調で減収減益(08/16)

15日為替:$1=53.470ペソ(↓)(08/16)

韓国系半導体SFA、生産品目シフトで減益(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン