• 印刷する

商船三井、初の自営大学を8月開校

商船三井は、フィリピンのカビテ州で商船大学(4年制)を8月に開校する。このほど施設を完工し、正式な開学認可も取得した。同社初となる自営の大学で、高い水準の船員を継続的に育成し、長期的に顧客の信頼を高めて競争力強化につなげる。

カビテ州ダスマリニャス市サリトランに開設する「MOLマグサイサイ・マリタイム・アカデミー」は、1学年最大300人の全寮制大学。敷地面積は13.2ヘクタールで、建物の延べ床面積は約3万平方メートル。地場の船員派遣会社マグサイサイ・マリタイムとの折半出資で運営する。卒業生は、商船三井とマグサイサイが半々で雇用する計画だ。

商船三井はフィリピンで20年以上にわたり船員育成に携わってきた。商船三井の広報担当者は9日、NNAに対し、「当社の運航船に乗る配乗船員(同社が直接手配している船員)のうち、3分の2(1万3,000人)をフィリピン人が占める。運航技術が高度化する中、安全運航に向けて、船員の確保・育成の強化を進めていく」とコメントした。

商船三井は1993年にマグサイサイと共同で船員の訓練施設を設立。2011年から、提携する地場商船大学の3、4年生に対して訓練航海や実習を行うようになり、これまで700人以上の船員を輩出してきた。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/16)

新型コロナ、新たに1万726人感染(04/16)

新型コロナ、新たに1万1101人感染(12:46)

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

新型コロナ、新たに1万1429人感染(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ワクチン接種125万人完了、4割止まり(04/16)

鉱業免許の新規発行再開、9年ぶり(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン