• 印刷する

小売業者の9割がソーシャルコマース活用

フィリピンで、ソーシャルメディアを利用した電子商取引、ソーシャルコマース(Sコマース)が着実に普及している。米オンライン決済サービス大手ペイパルの調査によると、小売業者の9割近くがソーシャルメディアで商品を販売していることが分かった。地元紙ビジネスワールドなどが伝えた。

ペイパルがこのほど発表した報告書によると、国内販売業者の87%が「ソーシャルメディアで商品を販売している」、74%が「デジタルウォレット(電子財布)に対応している」と回答。75%が「Sコマースの導入が簡単」と答えるなど、手軽な商取引手段として販売業者に認識されていることが浮き彫りとなった。決済サービス別の利用率は、ペイパルが87%で最も高く、アヤラ系グローブ・テレコムのキャッシュレス決済サービス「Gキャッシュ」が54%、通信最大手PLDT傘下のペイマヤ・フィリピンズが39%だった。

一方、まだSコマースを利用していない小売業者の69%が「今後の活用を検討している」と回答。ペイパルは「将来的にSコマースの普及が加速度的に進む」と予測。導入費用の低さや導入の容易さ、推定6,700万人とされる国内のソーシャルメディア利用人口などが、Sコマースの普及を後押しするとの見方を示した。

消費者のSコマース利用に関しては、インターネット接続環境にある回答者の32%が「既にソーシャルメディアで商品を購入した経験がある」と答えた。

ペイパルの調査は昨年3~4月にフィリピンのほか、中国、インド、タイ、インドネシアなどで実施された。フィリピンの回答者は販売業者が200人、消費者が500人だった。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:話す内容は過激だとして…(03/03)

変異株、南ア型を初確認 コロナ感染再拡大に警戒高まる(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

コロナ感染新たに2067人、計58万442人(03/03)

シノファーム、ワクチン緊急使用を申請(03/03)

ワクチン接種に証明書発行、法案成立で(03/03)

学年末を1カ月延長、7月10日まで(03/03)

国民ID登録、第1段階で2000万人完了(03/03)

二輪車の分割購入、一括払いより25%高(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン