ローソン、現法PGローソンを完全子会社化

ビジネス街に位置するアヤラ通り沿いの「6789タワー店」=27日、首都圏マカティ市(NNA撮影)

ビジネス街に位置するアヤラ通り沿いの「6789タワー店」=27日、首都圏マカティ市(NNA撮影)

ローソンは27日、フィリピンの小売り大手ピュアゴールド・プライス・クラブとの合弁会社であるPGローソンを完全子会社化すると明らかにした。ピュアゴールドが保有している株式70%の売買契約を26日に締結した。契約額は非公表。PGローソンの株式490万株を買い取り、ピュアゴールドとの業務提携を解消する。

PGローソンの澤田正幸最高執行責任者(COO)は27日、NNAに対し、「出店目標を新たに設定し、新商品を導入するなど、今後も着々と展開を進めていく」とコメントした。同社は27日現在、フィリピンで34店舗を展開している。

PGローソンは2014年5月にピュアゴールドが独資で設立した。資本金5億ペソ(当時のレートで約12億円)。その後、ローソンがPGローソン株30%を取得していた。

PGローソンはこれまで、20年までに全国で500店舗を展開する目標を掲げてきた。ピュアゴールドは先に、今年はローソン10店舗の新設に予算5,000万ペソを割り当てる計画を示していた。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

現マニラ空港は閉鎖も視野に トゥガデ運輸相、民間空港稼働後(06/22)

インフラ2案件の円借款通達、総額425億円(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

マカティ地下鉄計画、比中連合に優先権(06/22)

PEZAの認可額、1~4月は59%減(06/22)

地場商銀、日本で新技術の送金サービス提供(06/22)

資金洗浄防止、カジノと仮想通貨の監視強化(06/22)

21日為替:$1=53.460ペソ(↑)(06/22)

ペプシ工場、井戸使えず一部操業停止(06/22)

菓子メーカー2社が閉鎖へ、売却先を模索(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン