フィンテックの特許取得を迅速化、知財事務局

シンガポールの知的財産事務局(IPOS)は26日、フィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)関連の特許取得を迅速化する新たな枠組みを始動すると発表した。国内のフィンテック業界の国際競争力を高め、世界的なハブとしての地位を強化する狙い。 新たな枠組みの名称…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは最近、…(07/22)

6月外国投資、18年度最高に 年度累計で目標の5割突破(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

貨幣処理機グローリー、地場企業に出資(07/22)

シンガSTエンジ、日本で自動運転バス実証へ(07/22)

クレカ発行数が4年で8%減、規制強化が影響(07/22)

KDDI、PtoP事業運営社に出資(07/22)

ポーラ化成工業、皮膚科学研究所と共同研究(07/22)

薬剤師登録が可能な海外認定校、61校に半減(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン