• 印刷する

シングテルなど3社、W杯放映権を共同で獲得

シンガポールの通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)は25日、同業スターハブ、政府系放送会社メディアコープと共同で、6~7月に開催されるサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の放映権を獲得したと発表した。W杯放映権を3社が共同で取得するのは初という。

3社は全64試合を放送。シングテルのインターネットテレビ・サービス「シングテルTV」、スマートフォンなどでシングテルTVを視聴できるアプリ「シングテルTVゴー」、動画ストリーミング・アプリ「CAST」、スターハブの有料ケーブルテレビ「スターハブTV」、動画配信アプリ「スターハブ・ゴー」、メディアコープの動画配信サービス「トグル」で視聴できる。視聴料金は一律で、5月22日までに申し込めば94.16Sドル(約7,750円)、同月23日以降だと112.35Sドルとなる。

このほかメディアコープの地上波テレビでは、主要9試合を放送する。前回大会では4試合だった。


関連国・地域: シンガポールロシア
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

職場・学校を1カ月閉鎖 今週から、市中感染増加で(11:56)

「外出時にマスク着用を」=首相が呼び掛け(04/03)

ホテル隔離措置、東南アジアなども対象に(10:56)

1日最多75人感染、計1189人(4日)(00:24)

コロナで6人目の死者、高齢男性(4日)(00:24)

新規感染65人、計1114人(3日)(00:24)

コロナで5人目の死者、高齢女性(3日)(00:24)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(00:24)

中小企業の景況感、過去最低の水準(00:24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン