《知財》米の制裁は客観事実を無視 知財局が批判、外資保護強調

米中の貿易摩擦を巡る問題で、中国国家知的財産権局の申長雨局長は24日、米国が中国の知財侵害を理由に対中制裁を科そうとしていることは「客観的事実を無視している」と批判した。中国は外資企業の知財保護に真剣に取り組んでいると反論。今後も市場開放を進める上での環境整備の…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

石炭の増産と値下げ指示、価格高騰で政府(12:53)

テイクオフ:我がアパートのエントラ…(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

自動車の輸入関税を引き下げ 7月1日から、現行25%が15%に(05/23)

トヨタ、中国で値下げへ(05/23)

アリババ、パキスタン企業買収で緬に進出(05/23)

北京の進出企業、商工会組織を発足(05/23)

医療法人の偕行会、医療観光客の誘致強化(05/23)

制裁関税発動保留、米ムニューシン長官が明言(05/23)

〔政治スポットライト〕豪中外相会談、2国関係改善で意見交換(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン