• 印刷する

メルセデス販社、1Qは低価格志向で赤字

独系メルセデス・ベンツの主要ディーラーであるマレーシアのサイクル・アンド・キャリッジ・ビンタン(C&Cビンタン)は、1~3月(第1四半期)決算で269万リンギ(約7,480万円)の損失を計上した。

24日付スターによると、赤字決算の要因は購入車種の中心がSクラスから競合の激しい低価格帯(E、Cクラスなど)にシフトしたことに加え、営業支出や金融関連の諸経費が拡大したため。販売数は21%増と好調に推移し、売上高は3億8,860万リンギに達したが、結果的に30万リンギの黒字を確保した前年同期から、赤字決算に転落した。

C&Cビンタンのハスラム・プリーストン会長は、今後の見通しについて、「第2四半期以降も、メルセデス車の販売環境は決して良好とは言えない」とコメントしている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「臭い」問題再び。一難…(12/11)

「サッカー熱」の争奪戦 スズキ杯決勝、チケット即完売(12/11)

三井金属、ス州工場で増産計画が完了(12/11)

RM=27.0円、$=4.17RM(10日)(12/11)

ペナン空港の輸出貨物取扱量、18年は8%増(12/11)

エアアジアの越合弁、19年8月に運航開始(12/11)

SLPリソーシズ、1100万リンギで生産増強(12/11)

カジノゲーム機器RGB、30%増益予想(12/11)

HSL、サラワク州の大規模インフラに照準(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン