17年の発電量、再生可能エネの比率低下=台電

公営の台湾電力(台電)がまとめた2017年の域内の総発電量は2,310億8,000万キロワット時で、過去最高を更新した。エネルギー別に見た発電量は火力発電が全体の82.6%を占め、原子力(全体の9.3%)と再生可能エネルギー(同4.9%)はともに前年に比べシェアを落とした。中央通信社…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バチバチと目の前ではじ…(04/25)

アジア最大の「垂直農法」脚光 源鮮の植物工場、中・英にも建設へ(04/25)

TPK、欧菲光との相互出資計画を撤回(04/25)

LINE、遠伝と「LINEモバイル」台湾投入(04/25)

碩禾、日本で16年債グリーンボンド発行(04/25)

3月のスマホ販売台数、ここ数年の最低水準(04/25)

台北市、5月から電動スクーターの駐車無料に(04/25)

裕隆、中国の販売会社に10億人民元追加投資(04/25)

台塑石化、米ルイジアナ州に石化施設を建設(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン