• 印刷する

テイクオフ:中国の硬貨は磁石にくっ…

中国の硬貨は磁石にくっつく。会社帰りにふらりと入った食堂で、受け取り損ねたおつりの5角(約8.5円)硬貨が机上の磁石に引き寄せられるのを見てこの衝撃的事実を知った。

ひょっとすると周知の事実で、自分が知らなかっただけなのかもしれないが、初めて中国の地を踏んで10年以上が過ぎての発見だった。興奮する心を抑えつつ、料理そっちのけでほかの硬貨も試す。1元硬貨、1角硬貨、どちらもくっついた。なんということだ。靴底に磁石を仕込む方法を考えなければならない。いずれ億万長者になれるだろう。

続く疑問は、果たして1分、5分硬貨などはどうなのかという点である。あいにく手元にない。昨今どころか10年前でさえ、お目にかかることもまれな存在だった。もしお持ちの方がいらっしゃれば、ぜひ代わりに磁石を近づけてみてもらえないだろうか。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

水源地の汚染問題、40都市が未解決(12/14)

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

【改革開放40年】(1)開かれた扉 黎明期の日本企業と日本人(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

商務省、米国車の関税など「近く公表」(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン