テイクオフ:中国の硬貨は磁石にくっ…

中国の硬貨は磁石にくっつく。会社帰りにふらりと入った食堂で、受け取り損ねたおつりの5角(約8.5円)硬貨が机上の磁石に引き寄せられるのを見てこの衝撃的事実を知った。

ひょっとすると周知の事実で、自分が知らなかっただけなのかもしれないが、初めて中国の地を踏んで10年以上が過ぎての発見だった。興奮する心を抑えつつ、料理そっちのけでほかの硬貨も試す。1元硬貨、1角硬貨、どちらもくっついた。なんということだ。靴底に磁石を仕込む方法を考えなければならない。いずれ億万長者になれるだろう。

続く疑問は、果たして1分、5分硬貨などはどうなのかという点である。あいにく手元にない。昨今どころか10年前でさえ、お目にかかることもまれな存在だった。もしお持ちの方がいらっしゃれば、ぜひ代わりに磁石を近づけてみてもらえないだろうか。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ザイカバー、複合開発で中国企業と提携(18:41)

大橋経由の越境バス、1日700便運行か(19:14)

グローブ、中国皮切りに海外でスマホ決済(19:13)

遼寧省のGDP、1Qは5.1%成長に拡大(21:11)

ストゥンハブに重工業団地 中国企業、南部で影響力拡大(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

イオン、アセアンに8百億円 モールなどに投資=18年度計画(04/24)

中小景況感がさらに改善 2Q調査、域外に積極展開の動き(04/24)

テイクオフ:広州のランドマークの広…(04/24)

【アジアの本棚】『China 2020』~20年前の世界が予測していた中国(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン