株価反落、シングテルは1.5%安

12日のシンガポールの株式相場は反落。ST指数の終値は前日比11.15ポイント(0.32%)安の3,468.61。売買高は16億230万株、売買代金は11億3,240万Sドル(約924億円)だった。値上がり銘柄は192で、値下がりは219。 ロイター通信によると、東南アジアの株式市場は全般的に下落。…

関連国・地域: シンガポール米国中東
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

EC潜在力ランク3位、アジアでは首位(19:05)

MRT新路線2駅の建設、中国企業が受注(18:53)

今年のM&A活発、大型案件は減少(18:53)

テイクオフ:シンガポールでは、都市…(12/09)

次世代産業創出や経済変革狙う 政府、先端製造業の振興注力で(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

情報漏えいで罰金、買い物オネストビーなど(12/09)

中小企業支援計画の第2弾、18社が参加(12/09)

インサー、地場社とECで提携(12/09)

宝飾販売SKが合成ダイヤ参入、需要拡大で(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン