海外EC利用率、アジア10都市で最高水準に

シンガポールはアジア主要都市の中で、海外の電子商取引(EC)サービスの利用率が最も高い――。トランスコスモス(東京都渋谷区)が11日発表した「アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2018」によると、同国のインターネット通販利用者で海外ECサービスの利用率は93%だった。一方、東京は52%と他の9都市を大きく下回り、最下位となっている。

トランスコスモスは2017年12月から18年1月にかけ、東京、中国・上海、台湾・台北、シンガポール、マレーシア・クアラルンプール、インドネシア・ジャカルタ、タイ・バンコク、フィリピン・マニラ、ベトナム・ハノイ、インド・ムンバイの10都市で、過去1年以内にECサイトを利用した10~40代の3,200人を対象に調査を実施。国内と海外のオンラインショッピングの利用状況について尋ねた。

海外のECサービス利用率はムンバイが90%で、シンガポールに次ぐ水準。3位はクアラルンプール(88%)、4位は上海(85%)、5位はマニラ(82%)となっている。

東京は9位のジャカルタ(71%)と比べても20ポイントほど下回る。◇関税や配送料の高さ◇アフターサービスへの不安◇サイトの信頼性への懸念――などが背景にあるようだ。

シンガポールで海外のECサービスを利用する場合の相手国(複数回答可)は、中国が67%でトップ。2位が米国(60%)、3位が日本(35%)だった。

またシンガポールで国内外を問わずに利用度の高いECサイトやアプリ(複数回答可)は、1位がキューテン(Qoo10)で75%。2位はフェイスブック(60%)、3位はカルーセル(56%)となっている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィギュアスケーターと…(04/25)

鉱業省など3省、石油法制定へ再協議(04/25)

Dr.ストレッチ、出店加速へ 9月までは土台作りに集中も(04/25)

ベテラン閣僚3人が退任、世代交代が本格化(04/25)

香港ドル、今後1カ月は下限届かず=DBS(04/25)

3月新規車両登録は24%減、乗用車が悪化(04/25)

美容家電ヤーマン、現地で販売開始(04/25)

日曜の終日試験開始、東西線の新信号システム(04/25)

SIA、米社と新興企業支援で提携(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン