中国企業が総額95億ドル投資、政府と合意書

フィリピン政府は10日、中国の複数企業とフィリピンへの総額94億5,000万米ドル(約1兆円)の投資について9本の基本合意書(LOI)を締結した。上海港湾集団による埋め立て地開発などへの34億6,000万米ドルを筆頭に、投資分野はエネルギー、観光、農業、製造業と多岐にわたる。…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 医療・医薬品農林・水産その他製造建設・不動産運輸天然資源電力・ガス・水道観光マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

大衆パン、クリスマスの値上げは見送り(14:29)

不動産アヤラ、国外で新たなM&A検討(12:14)

テイクオフ:「とりあえずビール」を…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

バンダイナムコがVRを導入 東南アで初、メルコのIRに(10/16)

第3の通信業者選定入札、予定通りに実施(10/16)

比政府高官、インフレは来年までに収束(10/16)

8月の海外送金受取、0.9%減の24.8億ドル(10/16)

世銀など支援の洪水対策事業、実施計画完成(10/16)

15日為替:$1=54.080ペソ(↑)(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン