コカコーラ、糖類ゼロのサムズアップ投入

米飲料大手コカ・コーラは、インドで糖類ゼロや低カロリーのラインアップ拡充を進めている。9日には、コーラ飲料「サムズ・アップ・チャージド」から糖類を抜いた「サムズ・アップ・チャージド・ノー・シュガー」の市場投入を発表した。ライブミント(電子版)などが伝えた。

消費者により多くの選択肢を提供するコカ・コーラの世界戦略に沿うもので、インド消費者の健康意識が急速に高まっていることを考慮して、投入を決めた。

コカ・コーラがインド市場で展開する低カロリーの既存商品は「ダイエット・コーク」と「コカ・コーラ・ゼロ」「スプライト・ゼロ」の3種類。「サムズ・アップ」ブランドでの糖類ゼロの投入はインドで初めてとなる。

サムズ・アップは、コカ・コーラが1993年に地場企業から取得したブランドで、40年の歴史を持つ。コカ・コーラは20年までに同ブランドの売上高を10億米ドル(約1,100億円)に引き上げたい考えで、他の南アジア各国での展開にも意欲を示している。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューデリー周辺はこの…(05/22)

航空会社は「価格より質」 ネット調査、1位はビスタラ(05/22)

NTTデータ、地場と3D地図作成で合意(05/22)

国営通信、サービス向上に19億ルピー投資(05/22)

住商、特殊鋼ムカンド子会社に200億円出資(05/22)

鉄鋼JSW、イタリアの同業買収(05/22)

電動二輪アザー、南部に60カ所の充電施設(05/22)

複合アダニ、電動バスの生産を計画(05/22)

二輪UMロヒア、ハイデラバードに新工場(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン