テイクオフ:びしゃりと生温かいもの…

びしゃりと生温かいものが飛んできた。拭うと真っ赤な血。土ぼこりが舞う道を、男性が自らの背中を打ちながら行進する。

人が磔(はりつけ)になる祭りがあると聞き、復活祭前の聖金曜日にパンパンガ州のサンフェルナンドに向かった。祭りはマレルドと呼ばれる。ビア・クルーシス(十字架の道)の儀式の一つで、各地ではキリストの受難を体現しようと、キリストが捕縛され復活するまでの各場面を巡るのが定番だ。

当地では、聖金曜の午後3時にキリストが亡くなるまでの再現劇が行われた。炎天下の会場は、救急車のサイレンが鳴りやまない。数万人が見守るなか、十字架を背負って登場したキリスト役の男性がおもむろに倒れ込んだ。「えらく芝居がかってるな」と同行のフィリピン人は冷静だ。男性の手足にくぎが打たれ、悲鳴がこだまする。宗教とは、時に理解し難い。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

預金準備率を18%に引き下げ、6月1日から(13:07)

米ディボールド、新型ATMを来月投入(17:26)

JGサミット、今年の資本支出を8割増へ(15:29)

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン