• 印刷する

テイクオフ:びしゃりと生温かいもの…

びしゃりと生温かいものが飛んできた。拭うと真っ赤な血。土ぼこりが舞う道を、男性が自らの背中を打ちながら行進する。

人が磔(はりつけ)になる祭りがあると聞き、復活祭前の聖金曜日にパンパンガ州のサンフェルナンドに向かった。祭りはマレルドと呼ばれる。ビア・クルーシス(十字架の道)の儀式の一つで、各地ではキリストの受難を体現しようと、キリストが捕縛され復活するまでの各場面を巡るのが定番だ。

当地では、聖金曜の午後3時にキリストが亡くなるまでの再現劇が行われた。炎天下の会場は、救急車のサイレンが鳴りやまない。数万人が見守るなか、十字架を背負って登場したキリスト役の男性がおもむろに倒れ込んだ。「えらく芝居がかってるな」と同行のフィリピン人は冷静だ。男性の手足にくぎが打たれ、悲鳴がこだまする。宗教とは、時に理解し難い。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2019年の祝休日発表、合計19日(08/17)

外食マックス、下半期に50店を新規出店(08/17)

7月の外国人証券運用、5300万ドル買い越し(08/17)

今年の衣料品輸出2割増へ 米中貿易摩擦で工場移転も(08/17)

14カ月給与法案、労使双方の意見を聴取(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

食品の関税引き下げ案、閣僚級委員会が否認(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

中期開発計画、17年は27件にODAが貢献(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン