テイクオフ:娘の歯ぎしりがひどいの…

娘の歯ぎしりがひどいので、かかりつけ医(GP)に相談したところ、「虫下し」の処方せんが出された。ギョウ虫が原因かもしれない、という。うまく症状が伝わらなかったのかと思い、もう一度「歯ぎしり(bruxism)」だと説明した。すると「いや分かっている。これで効果がなければ歯医者に相談を」とのこと。

かつて筆者が小学校低学年のころ、ギョウ虫検査が義務付けられていたが、日本ではあまりにも感染率が低いため、2年前に検査は廃止されたそうだ。先進国では無関係と思いきや、オーストラリアでは、特に幼児たちの間で今も見られ、歯ぎしりの原因となることもあるという。

虫下し薬は、虫歯になりそうなチョコレート味。大人にも有効とあるので、念のために家族全員で服用した。優しい甘みが、普段のストレスを解放し、少し腹の虫が治まった気がした。(南儀)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア自動車データ集】新車販売台数(313)(04/25)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

テイクオフ:現金を引き出しに現金自…(04/24)

農業開放なしならFTAない 豪首相、EUに対し強硬姿勢(04/24)

小企業の輸出業、取組みは不十分=豪郵便局(04/24)

連邦予算案、12年以来初の歳入堅調見通しか(04/24)

NT政府、新ロイヤルティー制度の導入へ(04/24)

太陽光発電ヴィルソル子会社、豪上場を計画(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン