首都のオフィス面積、今後5年で30%拡大

タイの首都バンコクのオフィス面積は今後5年間で30%、113万平方メートル拡大することが、不動産調査会社ネクサス・リアルエステート・アドバイザリーの調べで分かった。6日付バンコクポストが伝えた。 進行中の最大プロジェクトは大手財閥TCCグループによる大型複合施設「ワ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここも中国語の世界か―…(03/19)

テイクオフ:一匹の犬が誤ってコンテ…(03/19)

【ポスト軍政】「4.0」時代へ前進か後退か 日本のIoT導入、政策継続が鍵(03/19)

地方空港のPPP再開発、次期政権に先送り(03/19)

首都空港第3滑走路、2カ月以内に閣議提出(03/19)

BMTA、22年にエアコンなしのバスを廃止(03/19)

JFE商事、モーター製造のタイ法人に出資(03/19)

車部品ソンブーン、新事業参入を計画(03/19)

アーバン、バンコクで複合施設2件開発(03/19)

BCPG、5年で風力発電を百万kW拡大(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン