9千億ペソのインフラ承認、首都新空港など

フィリピンで総額9,000億ペソ(約1兆8,000億円)の大型インフラ開発事業が、実現に向け前進した。政府は3日、マニラ首都圏近郊の新空港建設を含む9件の事業を承認したと発表。インフラ開発の活発化は雇用創出と外国企業の投資拡大につながる。政府は、早ければ来年に1人当たり…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

今年の衣料品輸出2割増へ 米中貿易摩擦で工場移転も(08/17)

14カ月給与法案、労使双方の意見を聴取(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

食品の関税引き下げ案、閣僚級委員会が否認(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

中期開発計画、17年は27件にODAが貢献(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

財閥DMCI、上半期は2割の増収増益(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

16日為替:$1=53.440ペソ(↑)(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン