• 印刷する

スタバ進出でコーヒーチェーン間の競争激化

米コーヒーチェーン大手のスターバックスが2月、ホーチミン市で1号店を開いて以来、コーヒーチェーンが新店舗や新商品を次々と展開するなど、競争が活発化している。国営ベトナム通信が報じた。

地場大手のチュングエン・コーヒーは4月末に、新商品「G7―X2」を発売。パッショ・コーヒーは4月、ホーチミン市で新たに1店舗を開設し、全国の店舗数を計11カ所とした。

地場小売り大手のコープマートも、自社ブランドの砂糖・ミルク入りインスタントコーヒーを発売した。コープマートのグエン・タイン・ニャン副社長は、「インスタントコーヒー需要は拡大しており、わが社はコーヒー専門業者の協力を得て、独自ブランドの商品を売り出した」と話している。

専門家は、国内コーヒー消費量は今後急増し、未加工品の輸出がしだいに減るとともに、コーヒー加工が増えて、国産コーヒーの価値が上昇すると予想している。

国際コーヒー機関(ICO)の統計によると、ベトナムのコーヒー消費量は、2005年の4万8,000トンから、11年には9万4,980トンへと倍増している。消費量拡大の背景には、コーヒーチェーンが積極的に事業展開してきたことがある。

ICOによれば、ベトナムの1人当たり年間コーヒー消費量は1.08キロとまだ低い水準にある。世界的なコーヒー産地のブラジルの消費量は5.2キロ、欧州連合(EU)では4.83キロ、米国では4.13キロだ。国内コーヒー消費の拡大の余地はまだ大きい。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

ソリマチ、会計から農業支援 持続可能な農業へ日系の挑戦(下)(10/23)

ベトナム航空、今月国内4路線の運航再開(10/23)

バンブー航空、台北路線を再開(10/23)

トゥエンクアン高速、公共投資に変更提案(10/23)

超短期滞在の入国容認へ、72時間の商用目的(10/23)

バスの利便性向上へ、ハノイ市が計画公布(10/23)

仁宝とシスコ、法人向け5G分野で提携(10/23)

韓国富栄、ベトナム住宅事業で拡大路線(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン