• 印刷する

マイクロソフト、南部に技術開発施設を開所

米マイクロソフトは26日、インドのハイデラバード(南部アンドラプラデシュ州とテランガナ州の共通州都)に技術開発施設「ガレージ」を開設した。

設置先は同社がハイデラバードで運営する開発センターの敷地内で、面積は8,000平方フィート(約744平方メートル)。実験的な製品や革新的なソリューションの開発を支援する。ワークショップなどを開催するための「ハブ」、3次元(3D)プリンターやレーザーカッターなどの機器を備えた「マーケットプレイス」、人工現実・仮想現実(AR/VR)や複合現実(MR)分野の技術を扱う「リアリティー・ルーム」の3部門で構成されている。

マイクロソフト・インディアのアニル・バンサリ社長は「従業員の斬新な発想を製品化することが可能になる」と期待を示した。年内に南部カルナタカ州バンガロール(ベンガルール)にもガレージを設立する計画だ。

マイクロソフトは、2009年にガレージプロジェクトを始動した。これまでに27種類のアイデアが実用化されている。


関連国・地域: インド米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本から遠く離れ、気軽…(01/23)

ヤマハがスポーツで攻勢 300万台市場、今年6モデル超投入(01/23)

高級スクーター販売、市場全体の25%占める(01/23)

二輪TVS、18年10~12月は2桁の増収増益(01/23)

バジャジ、小型四輪キュートを3月に発売(01/23)

マイトラ、電動バス導入に10億ドル投資(01/23)

VWの排ガス不正問題、他メーカーを調査も(01/23)

川崎陸送、西ベンガル州で倉庫100棟設置へ(01/23)

プラバト、乳製品事業を仏ラクタリスに売却(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン