マイクロソフト、南部に技術開発施設を開所

米マイクロソフトは26日、インドのハイデラバード(南部アンドラプラデシュ州とテランガナ州の共通州都)に技術開発施設「ガレージ」を開設した。

設置先は同社がハイデラバードで運営する開発センターの敷地内で、面積は8,000平方フィート(約744平方メートル)。実験的な製品や革新的なソリューションの開発を支援する。ワークショップなどを開催するための「ハブ」、3次元(3D)プリンターやレーザーカッターなどの機器を備えた「マーケットプレイス」、人工現実・仮想現実(AR/VR)や複合現実(MR)分野の技術を扱う「リアリティー・ルーム」の3部門で構成されている。

マイクロソフト・インディアのアニル・バンサリ社長は「従業員の斬新な発想を製品化することが可能になる」と期待を示した。年内に南部カルナタカ州バンガロール(ベンガルール)にもガレージを設立する計画だ。

マイクロソフトは、2009年にガレージプロジェクトを始動した。これまでに27種類のアイデアが実用化されている。


関連国・地域: インド米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(13:11)

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:インドへ旅行に訪れた人…(06/21)

首都圏で駐車場整備進む 地場社、IoTで運営支援(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

CKビルラ傘下、EV部品などに60億ルピー(06/21)

EV製造業者協会、5つの部会を設置(06/21)

エアアジア、印当局の被害証明の内容を否定(06/21)

タタ自、商用車のラインアップを拡充(06/21)

シロップの仏モナン、南部に工場設置(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン