国際刑事裁脱退へ、大統領が批判に激怒

【マニラ共同】フィリピンは国際刑事裁判所(本部オランダ・ハーグ、ICC)からの脱退を決め、26日までに国連に通知した。4,000人以上の麻薬犯罪容疑者の「超法規的殺害」などに対する批判にドゥテルテ大統領が激怒し、政府に脱退手続きを指示した。超法規的殺害に対するICCの…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

車両購入に駐車場義務、上院が法案審議開始(10/16)

中国・上汽「MG」、新たに代理店を指名(10/16)

ミ島産バナナ繊維、日本企業に試験出荷へ(10/16)

テイクオフ:日本では高齢者同士によ…(10/15)

今年は新車販売が一転減少へ 1~9月、14%減の26.1万台(10/15)

米中摩擦で税制改革法案に慎重論拡大か(10/15)

今年成長率は6.5%、財務相が予想引き下げ(10/15)

東南アの越境投資顧問容易に、まずは4カ国(10/15)

外国人証券投資、9月は3カ月ぶり売り越し(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン