テイクオフ:年に2回訪れるヒンズー…

年に2回訪れるヒンズー教の祭典「ナブラトリ」の時期が来た。今年は3月17~26日の10日間。その間にドゥルガ神は9つの化身に姿を変えるといわれ、ヒンズー教徒は断食をして祈りをささげる。

ヒンズー教と断食には切っても切れない関係がある。例えば、月曜日はシバ神に祈りをささげる日とされ、独身女性がシバ神のような旦那に巡り会えることを願って断食する。木曜日はラクシュミ神で、この日の断食は金運アップに効果的とされる。ヒンズー教徒にとって、断食は365日何かしらの意味を持つ。

穀物や油、香辛料などを口にしないため、普段から味の濃い料理を食べるインド人にとっては、つかの間の胃の休息だ。インドの伝統療法アーユルベーダでも断食が健康に良いとされてきた。断食による健康管理と宗教間が、いつしか重なり合っていったのかもしれない。(で)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

国鉄と公営4社、鉄道網増強などで覚書(05/25)

パソナ現法、中東・アフリカ向け人材を紹介(05/25)

タタ自、昨年度純益は21%増の899億ルピー(05/25)

車部品マザーサン、昨年度は25%増益(05/25)

蘭アクゾノーベル、生産増強に400万ユーロ(05/25)

鉄鋼公社とミタルの製鉄所、オディシャ候補(05/25)

都市ガスのMGL、20万世帯にガス管を敷設(05/25)

アクシアタ、印関連会社の合併が近く完了へ(05/25)

中小企業の破綻処理、株主の応札可能に(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン