• 印刷する

テイクオフ:年に2回訪れるヒンズー…

年に2回訪れるヒンズー教の祭典「ナブラトリ」の時期が来た。今年は3月17~26日の10日間。その間にドゥルガ神は9つの化身に姿を変えるといわれ、ヒンズー教徒は断食をして祈りをささげる。

ヒンズー教と断食には切っても切れない関係がある。例えば、月曜日はシバ神に祈りをささげる日とされ、独身女性がシバ神のような旦那に巡り会えることを願って断食する。木曜日はラクシュミ神で、この日の断食は金運アップに効果的とされる。ヒンズー教徒にとって、断食は365日何かしらの意味を持つ。

穀物や油、香辛料などを口にしないため、普段から味の濃い料理を食べるインド人にとっては、つかの間の胃の休息だ。インドの伝統療法アーユルベーダでも断食が健康に良いとされてきた。断食による健康管理と宗教間が、いつしか重なり合っていったのかもしれない。(で)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

双竜自、マヒンドラ対象に有償増資を実施(17:18)

テイクオフ:冬場は10時間以上にな…(01/17)

インド郵便局がECに参入 インフラ活用、新事業で収入拡大(01/17)

アマゾン、総選挙と規制強化で投資見合わせ(01/17)

石光商事、紅茶製販の合弁設立(01/17)

印撤退の仏ダノン、地場ヨーグルト社に出資(01/17)

酒造USL、ワイン子会社を売却(01/17)

パナとカルテル、ゴドレジに罰金1千万ルピー(01/17)

キネティック、伊SWMの二輪車を値引販売(01/17)

自動車の人気カラーは「白」、43%が支持(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン