• 印刷する

テイクオフ:インドネシアの街中でヘ…

インドネシアの街中でヘビが食べられるのは有名な話だ。ジャカルタ北部コタ周辺にある中華料理店では、魚介と並んでスッポンやヘビを調理するところがある。いけすに入ったさまざまな魚介と並んで、スッポンやヘビがいるのは何ともワイルドだ。気が弱いので、動物から食材になるプロセスは見られなかったが。

外の屋台街をめぐると「焼きヘビ屋」がある。新鮮なヘビたちが金網に覆われたかごの中で、文字通りとぐろを巻いており、注文するとその場でさばいて串焼きで食べられるらしい。この日は夜も遅いせいか見られなかったが、タイミングがよければ鮮やかに皮を剥いで調理する様子が見られるという。

そういえばマレーシアではコブラ使いがコブラにかまれて亡くなったという報道を思い出した。まさかここでは、と思いながら早足で立ち去った。気が弱いので。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(16:31)

台湾観光協会が駐在員事務所を開設(14:48)

駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

トランスコスモス、スマランに初の拠点開設(01/18)

政策金利6%で据え置き、2カ月連続(01/18)

MRTジャカルタ、26日に試験運行開始(01/18)

3月に首都で国際バス展示会、来場者2万人(01/18)

ヤマハ、新型スポーツバイク2モデルを発売(01/18)

川西倉庫、現地法人がハラル認証取得(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン