EGCO、フィリピン発電会社株の売却完了

タイの民間発電大手エレクトリシティー・ジェネレーティング(EGCO)は21日、フィリピンで石炭火力発電所を運営するマシンロック・パワー・パートナーズ(MPPCL)株の売却が20日付で完了したと発表した。売却額は8億5,000万米ドル(約904億円)。 全額出資子会社ジェン…

関連国・地域: タイフィリピン
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【循環型経済】廃ボトルを宝くじ券と交換 回収動機付け、集荷も=タイ新興(09/13)

財務相、EV電池処理向け基金の設置指示(09/13)

ヤンゴンのタイセンター、貿易拡大に期待(09/13)

WHAUP、MG工場駐車場に太陽光発電(09/13)

太陽光プライム、屋根置き型で共同出資会社(09/13)

TPIPP、4県でごみ発電所計画(09/13)

タイオイル、石化事業比率を50%に引き上げ(09/13)

ドンキのタイ2号店、プラチナムが契約(09/13)

ロビンソン、11月にラクラバンの新店舗開業(09/13)

セントラル、空港アウトレットでホテル計画(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン