EGCO、フィリピン発電会社株の売却完了

タイの民間発電大手エレクトリシティー・ジェネレーティング(EGCO)は21日、フィリピンで石炭火力発電所を運営するマシンロック・パワー・パートナーズ(MPPCL)株の売却が20日付で完了したと発表した。売却額は8億5,000万米ドル(約904億円)。 全額出資子会社ジェン…

関連国・地域: タイフィリピン
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:取材で商業施設の営業再…(06/02)

電子部品1Q決算、2.6%減益 コロナ影響もバーツ安で耐える(06/02)

新規感染1人、7月にタイ正月振替か(1日)(06/02)

新型コロナへの警戒心緩まる=NIDA調査(06/02)

デング熱感染者、1~5月は1.4万人(06/02)

Hセムモーター、電動二輪車3車種を発売(06/02)

工業連が車産業の苦境訴え、減税提案却下で(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン