EGCO、フィリピン発電会社株の売却完了

タイの民間発電大手エレクトリシティー・ジェネレーティング(EGCO)は21日、フィリピンで石炭火力発電所を運営するマシンロック・パワー・パートナーズ(MPPCL)株の売却が20日付で完了したと発表した。売却額は8億5,000万米ドル(約904億円)。 全額出資子会社ジェン…

関連国・地域: タイフィリピン
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昨年から学生らが中心と…(01/27)

日系景況感、プラスに改善 コロナ禍も製造業中心に持ち直し(01/27)

市中感染937人、1日当たり過去最多(26日)(01/27)

アソークのビルでコロナ感染者、消毒完了(01/27)

対タイ貿易、20年は23%減の72億米ドル(01/27)

車シートのチャイワタナ、3割増収目指す(01/27)

20年の外国人旅行者、83%減の670万人(01/27)

オンライン旅行マカリウス、食事宅配に参入(01/27)

オレンジライン、3月に落札者決定見通し(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン